Interview

本音で話すよ!

こんなことが大変だったんだ!?キャストになるまで分からなかったことって?

私は秋葉原でキャストを始めて1年目のカナです、よろしくお願いします!可愛い制服が着れるキャストさんに憧れてこの業界に飛び込んだんですけど今までのバイトと違って、楽しかったことも大変だったこともたくさんありました。今回はこれから働きたいと思っている人たちに向けて意外とこれが大変だった!ってことを中心に話していきたいと思っています。

◎「話のネタ集めって何をすればいいの?」
キャストを始めたての頃は毎日何を話していいのかわからず、お客様が面白いって思うネタって何だろうと考えていました。そして考えすぎた結果、余計に何を話していいのかわからなくなりすごく悩んでいました。今思うとせっかく会いに来てくれたのだから楽しい時間を過ごしてもらいたい精神が空回りしていたと思います(笑)

結局自分自身では答えがわからず、バイト終わりに先輩にお話を聞いてもらったおかげで今でもキャストを続けることができています。あの時先輩が『お客様はカナちゃんに会いたくて来てるんだから、もっと気を抜いて好きなご飯の話だとか趣味の話だとか自分自身の話をして好きになってもらえばいいんじゃないかな〜』と仰ってくれたことは今でも大事にしている言葉です。キャストを始めると一度は何を話していいか迷う時期が来るかもしれませんが、肩の力を抜いて自分らしいお話ができるといいんじゃないかなって思っています!

今では常連のお客様のツイッターを覗いて何にハマっているだとかこまめに情報収拾を行い、次来てもらった時に楽しく会話ができるように事前準備し、心に余裕を持って接客に臨んでいますね。また営業終わりには誰とどんなお話をしたかノートに記録をしているため、次来ていただいた時に前こんな話しましたよね〜と個別に対応することができるようになりました。キャストは細かな作業が苦にならない人とか、人と関わるのが好きな人にとっては天職だと思っています。私が話した内容を見て苦にならないな〜と思った人は、キャストになる素質がすごくあると思うので、ぜひコンセプトカフェの求人に応募して欲しいですね!

◎時には演技も必要!?
自分自身の話をする際には、お店にもよりますが実生活の話がNGなためこの辺は演技が必要でした。本当の年齢や住んでる場所・学校などはストーリーの設定上でいうのは禁止ですが、それを言わせようと楽しみにしているお客さんもいてキャストとお客さんのちょっとした知恵比べになったりします(笑)

最初はコンセプトの中で自分が思い描く種族やキャラクターになりきることが恥ずかしいって思ってた時期もあったんですけど、今ではコンセプトにも慣れて出勤のたびにもう一人の別の自分になれるのがすごく楽しみになっています。プリンセスになりたいからって学校の友達や職場で「私プリンセスです」って言えないと思うんですけど、この店ではそれを公然と言えてしまいます。「年齢200歳の魔族の王女です」って(笑)

◎憧れの制服を着こなすのって難しい!
可愛い制服が着たい!と思ってこの世界に飛び込んだんですけど、その制服を着こなすのがこんなにも難しいなんて思ってもいませんでした。ウエストは細く二の腕や脚が露出しているデザインが多いので、可愛く着こなすためにすごく努力を重ねました。コンセプトカフェで働くまで体作りのために運動なんてしたことなかったのですが、朝にジョギングをしたり半身浴をしてみたりと自分から積極的に体を作り込みました。そのおかげで今では制服を綺麗に着こなすことができています。

体作りは大変だったけど結果的には自分のためにもなったし、憧れの制服も着こなすことができたし一石二鳥でした!コンセプトカフェで働いていなかったらこんなにも体型をきにすることがなかったと思うので、ずぼらな私にとってはキャストをすることで体型管理を適度に見張られている感じがしてちょうどいいです(笑)

今までは共用の制服を借りていたのですが、綺麗な体型を作ることができた自分へのご褒美に制服を購入しました。共用の制服だと自分のサイズに合ってなく不恰好なため、せっかく痩せたのだから綺麗に見られたい!と思ったのがきっかけで購入に踏み切りました。決して安い買い物ではないのですが、キャストになった頃から自分だけの制服が欲しいと思っていたので購入したことに後悔はなくむしろ購入してよかったという気持ちの方が大きいです!せっかく購入した制服が太って着れなくなるのは悲しいので、今まで以上に体型維持をしようというモチベーションにもつながっています(笑)

◎「お客様の名前を覚えるのが大変!」
今まで接客業をしてきたこともあって、コンセプトカフェも接客業だしそう大差ないだろうな〜と思ってたのですが、名前を覚えることは今まで考えたこともない作業で本当に苦労しました!一度はしっかり話すんだしそんな難しいことじゃないでしょ?って思う方もいると思うのですが、コンセプトカフェでは1日に何人ものお客様とお会いするので簡単に覚えることはできず、私にとってはめちゃくちゃ大変なことでした。(多分名前と顔を一致させるのが人より苦手)

周りのキャストさんや常連のお客様に助けられながら何とか乗り越えることができ、優しい人に囲まれて自分は恵まれているなあと実感するキッカケにもなりました。

今回はキャストを始めてすぐに感じそうなお悩みを中心にお届けしました!コンセプトカフェのキャストは楽しくて華やかな世界だけど、それと同時に大変なことだって沢山あります。でも大変だし辞めたいって気持ちよりも、制服を着るのが楽しかったり周りの人の優しさに支えられていたりとキャストを続けたい!って気持ちの方が自然と大きくなっています。大変なこともあるだろうけど、先輩キャストはきっと新人キャストのことを支えてくれる素敵な方ばかりなので、安心してこの業界に飛び込んできてもらいたいです!