Interview

本音で話すよ!

必見!現役キャストが語る推されるために努力していることとは!

はじめまして〜!私は秋葉原キャストを始めて3年目のRINと申します!今日はキャストをする上で自分が大事にしていることを話していきたいと思います。コンセプトカフェのキャストに興味があるけど、実際に働くイメージがわかない後輩たちに参考になる内容をお伝えできるように頑張ります!

◎その1「お礼はしっかり目を見て伝える!」
これって日常生活でも当たり前のことかもしれないけど、接客業をする上で最も大事なことだと私は考えています。コンセプトカフェで働いているとドリンクをもらったりチェキを撮ってもらったり、時には差し入れをもらったりすることだってあります。お客様にしてよかったな、あげてよかったなって気持ちになってもらいたくてお礼はしっかりと目を見て伝えるようにしています!色々していただいたにも関わらず嫌な思いになって欲しくないので、当たり前のことだけどこれは徹底して行っています。時間に余裕があるときは、何が嬉しかったかとかどう美味しいかとかもちゃんと伝えるように心がけています。『次もまたしてあげたくなるな〜』って気持ちをどうやったら持ってもらえるか日々研究中です(笑)

◎その2「お客様はしっかりお名前で呼ぶ!」
お客様のことをお名前で呼ぶことは、心の距離を近づけるために必要な重要ポイントです!自分が好きな人に『ねえねえ』と呼ばれるよりも『◯◯ちゃん』と名前で呼ばれる方が他の人とは違う特別感が出て嬉しいですよね?それはキャストとお客様も間でも言えることでやっぱり名前で呼ばれた方が親近感が出て仲良くなりやすいです。毎日たくさんのお客様と会うので一度会っただけでは覚えきれないのですが、そこはメンバーズカードをさりげなく見たり周りのキャストと連携して上手く対応しています。

2〜3回会うと名前と顔が一致し始めるので、そこからはお客様個人に合わせた接客をするように心がけています。以前興味あると言っていた物事を勉強して、同じ話題を共有してお客様との距離感を一層詰めることとかがわかりやすい例えになるかな?

◎その3「SNSの返信には反応する!」
自分がTwitterなりインスタなりで投稿するとリプライを送ってくれるお客様も中にはいらっしゃいます。それを勤務時間外だし対応しなくていいかな〜なんて思う気持ちもわかるのですがしっかり返信していきましょう!『勤務時間外なんだから自由にさせてくれ〜』って声も聞こえてきますが、やっぱり返信があるのとないのでは推されかたが変わってきます。いつも無視する高嶺のあの子、よりちゃんと話してくれる身近なあの子の方がなんだか可愛く見えてくるようです。私自身リプ返をするようになってからお客様がお店に来てくれる頻度だったり、チェキを撮ってくれる回数だったりが増えてきたのを実感しました。

ずっとSNS上でやり取りするのは他のフォロワーさんたちから嫉妬の対象となってもいけないので、一つの内容につき返信は1つまでなど自分の中でルールを設けプロフィール欄で説明しておくのがベターです。そうすることでプライベートの時間もしっかり確保できるし、嫌にならず適度に楽しみながらSNSを活用することができます!

以上がRINがキャストをする上で最も大切にしている3つのポイントになります!もしかしたら『案外基本的なことばっかだな』って思った方もいるかもしれません。けれどその基本的なことができていないと次に繋げることはできません。基本的なことをやれた上で自分の色が出せていければ、みんなから愛されるモテモテキャストになれること間違い無しじゃないかな〜と思っています(笑)