【昭和99年】湯島で美味しい料理と温かい時間が楽しめる最高空間!

Blog

みなさんこんにちは!
ライターのすずです( ˶ー̀֊ー́ )੭”

今回はまた湯島へ行ってきましたよ〜😉

というのも、以前にご紹介した「気絶」さんの系列店ができたということで!

いやもうこれは行くしかないでしょ💪

はい!今回ご紹介するのは「昭和99年」ですദ്ദി ˉ͈̀꒳ˉ͈́ )✧

気絶と同じく、めちゃくちゃ最高な空間🥺✨

そんな昭和99年の魅力をお伝えしますので、ぜひ最後まで読んでください(* ᴗ͈ˬᴗ͈)”

📍東京都台東区上野2−5−3
 SNビル B1F

「昭和時代に思い描いていた未来」がコンセプトのバー『昭和99年』

「昭和99年」はコンカフェやメイドカフェとは違い、「昭和時代に思い描いていた未来」がコンセプトのバーです。

いや、なんかもうコンセプトの響きがええんじゃ🥺

実はオープン前からね、私Twitterを拝見しておりまして。

コンカフェとは違う、コンセプトのあるバー。

そんなん、わくわくするに決まってるやろ〜!

てことで昭和時代へタイムスリップしてきましたっ🥰

まるで昭和時代の延長!こだわりの内装や衣装

まずね、気絶さんと同じくセンスの溢れる店内や衣装に脱帽でした👒🎩🎓

はあ。これがセンスよ。

センスについては気絶さんの記事で語りまくってますので、読んでみてくださいね🙆‍♀️✨

👇「圧倒的センスと居心地の良さ!「本とメイドの店 気絶」で気絶してきた」

圧倒的センスと居心地の良さ!「本とメイドの店 気絶」で気絶してきた
みなさんこんにちは! ライターのすずです(*´꒳`*) 今回は秋葉からちょっと歩いて、湯島へと足を伸ばしてみました! そうしたら、ありえん居心地の良いメイド喫茶を見つけてしまったので紹介しますねっ✨ 本とメ...

店内はカウンターのみのこぢんまりとした感じ。

それがまた「昭和時代」を連想させますよね!

実際、店内では「醤油とって〜」といった声がお客さん同士の間で飛び交っていて、なんとも温かい。

そして、昭和99年にはコンパニオンさんがいるのですが、衣装がまたエモい!

え、可愛すぎません?

レトロの中にも未来を感じさせる、可愛いワンピースにカラータイツ。

白で統一された小物はまさに「近未来の昭和」とも言うべきでしょうか。

うーん、良い!

お会計のシステムが画期的な「1万円打ち止め」

昭和99年のお会計システムなのですが、これがとっても画期的!

  • 入場料2000円
  • タイムチャージ2000円(1000円分の飲食代含む/1時間毎)
  • ドリンク一律500円
  • フードほとんど500円、一部1000円

はい、わかりやすいですね!

ドリンクやフードを頼む毎に、こちらの「トークン」がお皿にinされます。

そして最後にトークンを数えて、入場料×滞在時間をプラスします🙆‍♀️

自分がいまおいくら万円くらいなのか、自分でも数えやすいしお店側も数えやすい🙆‍♀️

天才かな?

さらに!
なんと「1万円打ち止め」システムが採用されています。

これはねー、あんまり教えたくないんですけど、本当は。

だってみんなこんなん知っちゃったら昭和99年が有名になりすぎて行けなくなっちゃう🥺

けど記事を読んでくれてる優しいあなたに、特別に教えちゃいますね。

なんと昭和99年ではお会計が1万円を超えることがありません!

つまり、お会計が1万円になったところでカンストされるんです( ᵒ̴̶̷᷄꒳ᵒ̴̶̷᷅ )

トークンが何枚入っていても、何時間居ても1万円以上になることがないっていう……そういうコト?

そう!そういうコトッ!

もう、お得すぎて何がなにやら?

まあつまり、行くしかない……ってコト!!

とにかく料理が美味しすぎる

これはね、昭和99年の最大の魅力と言っても過言ではないでしょう!

そう、お料理がめちゃくちゃに美味しい✨!

こちらが本日のメニューです。

メニューは日替わりで、材料がなくなり次第終了!

料理人のアンザイさんが仕入れの買い物をしながら、いいなあと思ったものを作っているそうです(*´꒳`*)

本日は感動的なとろみの鰯のお刺身から始まり、

まるでハンバーグのような「良い」さつま揚げ。

さらに和牛のステーキ!

鰯は朝に北海道で採れたものだそうで、鰯特有の臭みが全くなくてとろっとろ!

さつま揚げは出てきたとき「ハンバーグかな?」と思う大きさでした(笑)

山形県産の和牛は、言わずもがなの美味しさ…。

こちらはキスのようでキスじゃない、メギスというお魚だそうで、ふんわりとした食感に思わずリピートしてしまいました✊

そう、アンザイさんは天才…。

昭和99年のごはん、ぜひ全人類に食べてほしいです!

あ、ちなみに今日のメニュー、私たちは全制覇しました(猛者)

コンパニオンさんとチェキも撮れちゃう📸

昭和99年はコンカフェではないのですが、なんとコンパニオンさんとチェキが撮れちゃいます!

これは嬉しい!!(ヲタク大歓喜)

しかもしかも!
これも本当は内緒なんですけど、アンザイさんともチェキ撮れちゃいます(小声)

楽しいお話を楽しんだコンパニオンさんや、美味しい料理を作ってくれたアンザイさんと、タイムスリップの記念に1枚いかがでしょうか(*´꒳`*)

※チェキの撮影は、お客さんがカウンターの外側から撮る形が原則になります。他にお客さんがいないときなど、タイミングが合えば2Shotが撮れますので、コンパニオンさんに聞いてみてください🙇‍♂️✨

お客さん同士の会話が自然に弾む🥰

先ほども「醤油とって〜」のくだりがありましたが、本当にお客さん同士の会話が自然なんです。

私たちもそんな和気藹々とした輪の中に入れてもらい、お腹も心も大満足でした🍙💭

1人でふらっといける気軽さがあるのもいいですよね!

これは常連になるしかない٩ ( ー̀֊ー́ )و

まとめ:何度でも何時間もタイムスリップしたい

いやあ、楽しくて美味しくて、もう満腹大満足!

何度でも何時間でもタイムスリップしたいですなあ🥺♡

これから美味しいお料理と温かい会話が楽しみたいときは、諭吉を握りしめて昭和99年に駆け込みたいと思います🥳

メニューなど昭和99年の情報は、公式Twitterをチェックしてくださいね✨

▶︎「昭和99年」公式Twitterアカウント

それでは今回はこの辺で!
最後までお読みいただき、ありがとうございました(о´∀`о)

(○・ω・)ノ————-end————-

Blog
聖地deBAITOをフォローする♡
聖地deBAITO|日本のコンカフェ情報を世界へ発信!
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました